CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PR
CATEGORIES
ARCHIVES
みんなのGOLF6やりたい!
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< アナ ツアーファイナル東京! | main | 好きなことの整理 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
選択ができる時は、自分のことを考えて選ぶべきだ。
今更のことなんだけど、魚や野菜のこと、米もそうだけど
食品のことについて考えている。

よく使うスーパーは安いもののほとんどが風評被害の噂が多い野菜などばかり。
産地表示も、県ではなく、アバウトな地域表示が多い。
俺も危ういけど、地理に疎い人は何もわからずに食べていると思う。

持論なんだけど、

自分が幸せじゃないと、他人を幸せにはできない
誰かを守る人たちは、安全な場所で待機している

派遣している人たちは別だけど、消防署も、病院も、危ないところに建っていたら助けるにも助けられないということなんだけど。
まぁ、こんなこと当然なんだけどさ。

国会議事堂も大きな壁、見晴らしの良い土地、きっといつでも逃げられる裏ルート、ヘリポート、守ってくれるSPがいたりする。

ちょっと話ずれたけど、
自分の体のことについて考えているわけです。

俺は小さい頃からあったアトピーが大人になってひどくなっちゃって
今も常にその悩みは消えません。そのせいで、人付き合いが億劫になることだってあります。

だから、放射能以前に、身体に取り入れるものを考えていたわけで
といっても、食べる事が好きなので、食べたいものは食べるので、ラーメンだって、カレーだって食べます。外でね。
食べられないことはストレスですからね。ストレスよくない。

そんなことに加えて、今の基準値は100/Bq以下なのかな、多分合っていると思うけど、放射能が多少なり含まれているものを食すことをもう少し意識しようと、今更だけど、思ったんだよね。


被害を受けた地域をどうにかしたい、自分にできることはなにか?って思った時に
風評被害に悩まされる地域の生産経済を助けようと、その地域の食品を積極的に購入して食すことは俺は違うと思う。

もちろん数十年後に何が原因で自分の身体がどうなっているかなんてわかんないんだけど、少しでもそこに煙が立ちそうなので、あればその場からは離れるべきだと思う。

みんな生きる事に必死だから、俺もね。

本当は外食だってしない方がいいんだと思う。

原発反対!と掲げている人が、ツイッターなどでおすすめしている
友人がやっているというカレー屋さんのほうれん草カレーのほうれん草だって決して信用はできない。

原価率低くておいしいものができればいいと思っている人だっているはず。

基準値はクリアしていて、でも九州の野菜よりかは安くて
そしておいしいカレーを提供して、お店も繁盛。
家族を養える。

それでいいと思います。

みんな生きるべきだから。

だから、みんなとことん選んだ方がいいと思う。

みんなを幸せにする、誰かを助ける前に
自分が一番に助かって生き続けることで、幸せになることで
自分、恋人、家族、そして初めてそれ以外の人たちに何かをしてあげられると思っている。

もちろん日々できることはある、募金だとか、他のことで。
きっとそれは自分の生活に大きな影響は起こらないことだと思う。
それでいて、少しでも誰かのためになる。

だけど、身体に取り入れるものは絶対に影響が起きると思う。

みんな自分の身に、自分の近くに起きないとなかなか気づかない。
小さい頃に親に起こられ続けていたことが、大人になって
「あぁ、このことだったのか」と気づくのと同じで、
今までに世界で起きた似たような事例も、やっぱり日本国外のことで
いまいち実感が湧かなくて(もちろん、ちゃんと調べている人はわかっていると思うけど)どうしても、自己防衛意識はゆるいんだと思う。

本当に自分の身体だけは逃げられないと思う
俺も生まれ持ったアトピーのことで、アトピーのない親を恨んでなんかいないし、もうこれは仕方がないことだと思っている。

自殺したいと思う人には、なにを言っても難しいのかもしれないんだけど、いっそのこと国から出て生活してみることを提案したく思ってしまう。
それというのは俺が転勤ばかりだったから、転校するたびに
前の学校で嫌われていたと思う部分は次の学校で出さないようにしていたからなんだけど、自分のことを知らないところに行って、気持を切り替えて生活すると変わると思うんだよね。
でも、きっとそれ自体なかなか難しい事だと思うんだけど、、、、

(ちなみに俺は超がつく程の短気野郎でした。)

そういう支援みたいなのをいつかできたらいいのかもだけど。ってまた話が脱線。

そう、自分の身体からは逃げられないから。
今からでも、海外で暮らす事だって、沖縄とかで暮らす事だって
考えて良いと思う。

震災直後に沖縄に移住したミュージシャンをバッシングした人がいたんだけど、なんでその人のことを悪く言えるのかが意味がわかんなくて
「あいつは逃げた」なんて言っていたけど、遠くに銃を持った人を見かけたら、その場から逃げない人なんているんでしょうか?
電車で隣の車両で銃やナイフを持った人が暴れてたら、よっぽど自信があったら別だけど(俺は少しその気があるので危ないんだけど)電車降りるなり、より離れた車両に移動するのが当然に選択だと思う。

何かが起きている時に、その場から離れることはできる
でも、自分の身体から離れることはできないんだよなぁ。


と、そんなことを考えながら
今更だけど、本当に今更なんだけど、
今までよりもっと身体に入れるものについて考えようと思う。

これは徹底するのはなかなか難しくて、徹底すると
なかなかこれまたストレスで身体によくない二次被害となる。

なので、選べる時はとにかく選ぶということです。

と、同時に自分が今からでもできることも考えなくちゃと思うのです。

久々の何もない休みで、いろいろやらなくちゃな。




あとがきとして

この意見というのは
国内、海外含む10回ぐらいの転勤に、転校だけでも4−5の学校を転々としている
生まれたところも里帰り出産(佐世保)で、出身地と説明するような場所もなく、地元どこ?と聞かれれば「ない」としか応えられず、同じ地域に連続して10年も住んだ事のない、土地に愛着がないから言えることなのかもしれない。

俺も地元とか欲しかったなぁ。
「こいつとは小中高とずっと一緒だったんだよー」とか
憧れワード。

でも、転校ばかりだったから感じていることもたくさんあるからね。

ということで、今日はちょっと遠方の八百屋まで行ってみようと思います。では。
| - | 12:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:07 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://soratobass.jugem.jp/trackback/654
トラックバック